「マイホーム」カテゴリーアーカイブ

マイホームを検討するタイミングとは

マイホームを購入した方が良いのかなぁと考えるようになったタイミングは、賃貸マンションの更新時期が近づいてきたので、家賃や敷金など支払うのはもったいないなぁと考えるようになり、そろそろマイホーム購入する時期かもなぁと思うようになったので、マイホーム展示会場へ参加するようになりました。子供も一緒に参加して様々な物件を見学しますが、子供向けのイベントも多数開催しているので楽しいですし、空いた時間を活用してじっくりとマイホームを見学できるのは嬉しいです。洋風向けの住まいや和風を重視した造りなど、住宅メーカーによって各々の特徴が出ているのでマイホーム展示会場へ行って実際に物件を見学したことでかなり満足できるようになりました。マイホームは様々なスタイルがあるので、どういった部分を重視して物件を購入すべきかなど、具体的なこともわかるようになったし、家族が納得して満足できるマイホームを購入することができました。

マイホーム探しは最寄駅を決めること!

マイホーム探しは、まず最寄駅をどこにするか決めてから探すことにしました。普段の生活の中で毎日利用することになる最寄駅は、通勤通学での利便性も重要ですし、あまりにも通勤通学に時間がかかるようでしたらストレスに感じるため、その辺を家族でじっくり相談して決めることにしました。マイホームは駅近くだとかなり高額になるし、土地の値段が高いのでマイホームは狭くなって窮屈な感じになり、マンションも多いし周辺には家が隣接しているなど、交通量も多くかなり日当たりも悪いし空気もよくないので、駅から少し離れた場所でマイホーム探しをすべきだなぁと実感するようになりました。やはりマイホーム探しは駅から少し離れた場所は敷地面積が広くなり、交通量も駅近くと比較してみると全く違うので、こうした条件は重要になるなぁと実感するようになりました。色々と満足できるような環境で生活することは需要なので、マイホーム探しは駅を絞り込むのは大切です。

100年も住める北欧住宅のマイホーム

北欧のマイホームがいいなと思い、父親へ提案しました。普通の家ではどこか物足りないと感じ、なにか温かみのあるマイホームにしてほしいと思ったのです。



木をふんだんに使った北欧の一戸建ては、玄関からキッチン、廊下、天井、壁、リビングまでナチュラルな木の香りが漂い、木目も楽しめる木を使っているのが特徴的。



階段も床と似た木を使い、吹き抜けで2階まで開放的ですが、窓は厚いので断熱性が高く、マイナス20度以下でも暖房をつければ冷たい空気が外から入ってきません。



気密性も高い北欧住宅は、太陽に当たって焼けた床や壁は深みのある木になり、ますます愛着がわく素敵な部屋になるのもいいなと感じます。



もっといいと思うのは、日本の家屋よりも3倍も住める長さがあるというところです。ちゃんとメンテナンスをすることで100年も住めるというので、木と共に成長できる素敵な家で、子孫にまで残せる家としてもいいなと感じます。



間接照明もつけることで、さらにお洒落で素敵なマイホームにできて住んでみたいです。

理想の家のイメージを固めましょう

マイホームを建てる時は、理想の家のイメージをしっかりと作ってから、家を選ぶようにしましょう。イメージがゆるい状態で、建売住宅の展示会などに行ってしまうと、どの家も素敵に見えてしまうためです。購入して住み始めてから、理想の家のイメージとは違うと思っても後の祭りになってしまいます。理想の家のイメージを固めるために、メモ帳などを用意して、「どんな家に住みたいか」を書き出してみましょう。人によって、様々な要望が浮かんでくるかもしれません。おしゃれな家に住んでみたい、らせん階段がある家に住みたい、庭が広い家に住みたいなど、思いつくままにマイホームに対する要望をメモしていきましょう。そして、出尽くしたと思ったら、その要望の中で優先順位をつけましょう。もし「らせん階段のある家」が最優先の要望だとしたら、らせん階段のある家を探して建売住宅を見に行きましょう。このように理想の家のイメージをしっかりと作った後なら、希望通りの家を購入しやすくなるはずです。